冷凍車の軽自動車で狭い道も

軽自動車の冷凍車を使用することで、ちょっとした生鮮食品も安全に運べます。エンジンをかけることによって、冷凍が出来る状態になります。エンジンを止めてしまうと。冷凍も切れるので、止めたら、迅速に作業することが大事ですね。収納出来るスペースも十分ありますので、仕事としても使用することが出来ます。冷凍の温度もかなり低く設定することが出来るので、食品を冷凍するには、画期的な車ということです。軽自動車なので、乗れる人数も限られています。車幅が小さいので、細いわき道もすいすい通ることが出来るので、どこでも冷凍食品を運んだり出来るので業者には、こういった車があると、仕事に重宝しますね。真夏など、氷も積むことが出来るので、氷がほしい所に届ける車として最適です。戻ってきたら、充電しておくことが大事ですね。重量が重くなるので、曲がる時に注意しないといけないですね。

自家用は軽自動車日野の4トンレンジャー冷凍車

4トントラックを運転手経験をしましたが、冷凍車でニチレ〇のアイスを運んでいました。アイスは満載で走るので、馬力が必要です。会社でいろんなトラックを持っていましたが日野4トン冷凍車が一番良いです。具体的に重くても力があります。あと、トラック仲間から見てもUDなど安い車よりも車体価格が高い為、差別化して見てくれて優越感に浸れます他にもいろんなパーツが市販品で出ているし、メッキなどのパーツも豊富にあるのがとてもいいです。日野の車はウイング車もいいと言われています。たまたまですが、自分が配送していた範囲に日野の店舗が多く、ミラーなどをぶつけられたり、したときにすぐに対応して頂くことが出来、困ることが少なかったです。冷凍車だけでは無く、ウイングもおすすめです。普段通勤時は軽自動車をのっていますが、日野から自家用の軽自動車が出てくれると即買いなんですけどね。デザインにもよりますが…(笑)

軽自動車の冷凍車を使うメリット

冷凍車とは冷凍された荷物を運ぶ為に、特別な装置や設備が整っている車の事を言います。大型貨物車から軽貨物車まで幅広いサイズの車があり、用途に合わせた選択が行えます。その中でも軽自動車の場合は都心エリアなど込み合った現場に向かう場合、小回りが利くので非常に活躍しています。また小ロットの注文にも対応できるので、効率性アップやコスト削減にも繋がります。しかし軽自動車では荷物を積み込み場合に限られたスペース内にしか置く事ができないデメリットもあります。冷凍機を搭載するとエンジンの負担も大きくなるので、場合によっては使用できない事もあります。しかし、保冷剤を入れておく事で保冷環境を保つことが出来ます。また中古車として購入する事でこれから事業を始めようとされている方も手軽に始める事が出来るでしょう。一度下調べとして見に行かれてみてはいかがでしょうか。